レディースのスーツの着こなしは、男性よりもバリエーションがあります。
まず、レディースのスーツの着こなしで定番はスカートスタイル。そして、パンツスタイル。
ワンピースという方法おもあります。
キャリアウーマンの場合、男に負けまいとして、パンツスタイルで通している人がいます。
しかし、パンツスタイルだと、お尻の形を強調してしまうおそれがあります。
それよりも、スカートスタイルのほうが、ビジネスの場としては、適しているのです。
ワンピースは、ビジネスで自分を切り開いていく、というときには、あまり使わないほうが良いかもしれません。
ワンピースには、追従するというイメージがあるためです。
だから、たとえば大統領夫人などは、公的な場でワンピースを着ることがあります。
でも、自分が表に出るときは、ワンピースは着ないものです。
ワンピースが好きで着たい! というときは、プライベートのときに楽しむようにして、ビジネスの場には持ち込まないようにしたほうが、無難です。
セパレートになっているものを選びましょう。 

ストッキングのカラーは、ベージュが基本ですが、ブラックが負荷というわけではありません。
その場の雰囲気に合わせて選ぶようにしましょう。
靴は、ヒールの高すぎないものを選びます。 

カラーは、業界によって、許容される範囲が違います。
アパレル系なら、カラフルなカラーも可です。小物もカラフルなものを選べます。事務系ならグレーかベージュというところです。

お気に入りのスーツ選びが決まったら 次は何が必要?

実は、女性もビジネスの上では、名刺がとても大切なんですよね

の第一印象を決める上で重要な名刺

そんな上質な名刺入れの選び方の見極め も大切なんですね。


女性は、スーツを着る時には靴に注意

スーツの着こなしで女性が気をつけたいのが靴です。
スーツはいいけど靴で失敗してしまっていて、しまりのない着こなしになってしまっている女性が、意外と多いです。
シューズは人の印象を決める上で、大切な要素です。
相手を見るときに、まず最初に足元を見る、という人がいます。
このとき、擦り切れていたり、汚い印象だったり、シーンに合わないものを履いていたりすると、その相手の格は下がってしまいます。
足元だからとあなどっていると、大変なことになるおそれがあるのです。 

シューズを選ぶときは、なるべくヒールの高いものは、選ばないようにしましょう。
デザイン重視のシューズだと、きゅっとかかとが上がっているものがあります。
10センチヒールのシューズも、珍しくありません。
プライベートシーンで、こういうシューズを選ぶのはもちろん、ありです。
しかし、ビジネスの場では向きません。
ヒールは高すぎないものにする、というのが原則です。
あまり高いヒールだと、歩きづらいので、外回りにも向きません。
ムリに高いものを選ばず、6センチなど、ほどほどの高さのものを選びましょう。 

つい怠ってしまいがちな、シューズのお手入れですが、定期的に行いたいものです。
雨の日に履いたりすると、泥がかつまさきやかかとについてしまいがちです。
これを放置していると、乾いてこびりついて、汚い印象になってしまいます。
汚れが付いているなと思ったら、その場ですぐふき取るのもよいですね。

スーツの着こなし 女性夏は

女性のスーツの着こなしは、季節感も出したいです。
男性と比べて、カラーも形もバリエーションが選べるからこそ、季節に合わせたファッションを楽しみたいですね。
たとえば、夏なら、麻を使う、という方法があります。
朝は夏の女性のスーツの着こなしでぜひ使いたいです。
見ているだけで、涼しげな印象を与えることができます。
また、通気性が良いので、暑い夏でも涼しく過ごすことができます。
普段はジャケットなしで通勤しているときでも、取引先にうかがう際に、ジャケットを着ないといけないこともあるものです。
そんなときに、さっとはおれる麻のジャケットがあると、良いですね。
きちんと感が出せるし、涼しい印象も演出できます。 

熱い季節には、同じように見えて、薄くて通気性良く作られている特別なウェアがつくられています。
普段と同じような印象を維持しつつ、暑さを軽減できるファッションを考えているのなら、おすすめです。
スーツが通気性の良い生地でつくられていたり、汗を吸い取るパットがついているものもあります。
こうしたものを選ぶと、いつでも快適に過ごすことができますね。 

オールシーズン通して使えるウェアが売られています。
でも、できれば季節感も考慮して選びたいですね。
熱い季節は通気性が良くて、乾きやすい素材のものを選ぶ。
冬は暖かくて熱を逃がさない素材のものを選ぶ。
ウール素材のウェアだと、見た目もあたたかそうな印象にできるので、良いですよね。

正しい女性向けスーツの着こなしを知って、就活を成功させたいです。
就活の際の女性向けスーツの着こなしは、合コンの勝負服選ぶと同じだと思っておくとよいでしょう。
相手にどう見られたいか、誰に選ばれたいかを考えます。
合コンなら、普段はパンツばっかり履いていたとしても、スカートを選びますよね。
男子受けを狙うならスカートです。就活のときも同じです。
こういう場では、ほとんどの相手が中年のおじさまです。
だから、おじさま受けの良い、シンプルでさわやかな服装にして、清楚な女の子を演じれば良いのです。 

まず選ぶべきは、無地です。
そしてカラーですが、一般的にみると黒を選んでしまいがちです。
しかし、黒は重いイメージがあります。
イベントなどに行くと、みんな黒を着ています。
そんな中で、グレーや紺を着ていると、目立ちます。
だから、覚えてもらえる確率が高いのです。
グレーや紺を選んで、他の子と差をつけてしまいましょう。
グレーや紺なら、就職してから着ていっても、女性上司に嫌な顔をされることはありません。 

グレーにも濃淡があります。おすすめはチャコールグレーのような濃いめグレーです。
淡いグレーを選んでしまうと、汗じみや雨のしずくが目立ってしまいます。
濃いグレーなら、そのような心配はありません。
また、顔映りも良くなります。清楚で上品なイメージも演出できます。
スカートの丈は、膝が隠れるくらいの丈にします。
シルエットはセミタイトが良いでしょう。
足元がすっきりして見えます。

スーツ 着こなし 女性の入学式の場合

入学式の女性の着こなしでは、スーツが定番です。
スーツにもいろいろあります。
華やかなものから、落ち着いたものまで、いろんな印象があります。
パンツスタイルやスカートスタイル、ワンピーススタイルもありますよね。
どんなものを着ていこうか、迷ってしまいます。 

入学式での女性のスーツの着こなしでは、スカートでもパンツでも、ワンピースでも、なんでも大丈夫です。
多いのはスカートかパンツです。この2つで、半々です。
だからどちらでも良いのですが、なるべく就職活動でも使えるものが良いでしょう。
あらためて買いなおす必要がなくなります。 

選ぶときは、色や柄だけではなく、サイズもみましょう。
自分の体型にフィットしているものを選びます。
まず袖をみます。
パンツなら裾をみます。
スカートなら、短すぎない丈になるように選びましょう。
着て、鏡に映してみて、ウエストがキレイなラインになっているか、バストがちょうどいいかもみます。
カラーは黒が定番ですが、グレーや紺を選んでも良いでしょう。 

パンツを選ぶときは、できれば3点セットになっているものを選びたいです。
なぜかというと、就職活動では、スカートが基本だからです。
パンツだけのものを選んでしまうと、就職活動の時に、また買いなおさないといけなくなります。
3点セットなら、基本パンツが好きな人でも、就職活動のときはスカートを使えますよね。 

中に着るシャツをかわいいものにして、個性を出したいです。
薄いピンクにしたり、ストライプ入りにしたり、フリルつきもかわいいです。